南部ドンタップ省の『共に観光運営に取り組む』会館

Chia sẻ
(VOVWORLD) -ドンタップ省は南部メコンデルタ地域にある13省の中の一つです。美しい自然風景に恵まれる一方、ハスの花の産地としても知られています。

南部ドンタップ省サデック市に足を運ぶ観光客は面白い体験ができます。ですから、ここでの観光運営方式は他の地方と違うのです。この地方で観光業に携わる人たちはほとんど『共に観光運営に取り組む』という会館のメンバーになっています。今から2年前にサデック市で発足されたこの会館のメンバーは元々花づくり農家でした。

南部ドンタップ省の『共に観光運営に取り組む』会館 - ảnh 1

共に協力して、観光経営を営んだ人々です。発足当時のメンバーは数人だけでしたが、現在は24人もいます。特別なことはそれぞれのメンバーは別の観光製品を提供しているということです。そのメンバーの中には12の観光サービス業者は、ホームステイ経営、ホテル、レストラン、観光施設、娯楽施設の経営で、他の10人のメンバーは観賞用植物の経営と観光を同時に営む農民です。

この会館のメンバーの一人チャン・アイン・ディンさんはかつて、私たちは観賞用植物や花づくりをするだけでしたが、現在は、コミュニテイ・ベイズドツーリズムに投資を行うようになりました。これと同時に、メンバーたちは観光分野で事業を行っている個人や企業と会合や交流を行い、観光経営の知識と経験を学んでいます。ディンさんの話です。

(テープ)   

「この会館が発足してから、観光経営施設が増えています。ですから、この会館の活動に参加するため、メンバーは観光経営に関する経験を分かち合っています。例えば、観光経営の管理や顧客誘致に関する経験などです」

南部ドンタップ省の『共に観光運営に取り組む』会館 - ảnh 2

この会館のメンバーは「共に建設、共に管理、共に享受」という方針に従って、サデック市の観光の持続可能な発展を望んでいます。観光運営会館のメンバーの一人チャン・ヒュ・タイさんは次のように語りました。

(テープ)    

「私たちは会議を行う時、様々な意見を出しますが、会館のメンバーがみんな団結しあうことや観光製品の魅力を伝えるのにどうすればいいかということに努力することで一致しました」

『共に観光運営に取り組む』会館のフアン・タイン・フン館長は「この会館を開設する時、最も大きな目標は文化、社会の価値を基礎に、経済の価値を作り出す。今日、会館のメンバーはサデック市の観光発展に創意工夫を凝らし、サデック市を全国にある10の文化観光の村の一つとして建設した」と語りました。

昨年以来、新型コロナウイルス感染症の流行が観光活動に大きな影響を与えていますが、『共に観光運営に取り組む』会館のそれぞれのメンバーはその困難をチャンスにして、観光施設の改修に力を入れています。新型コロナの収束後、この会館のメンバーの努力により、ドンタップ省の観光が多くの人々に知られることでしょう。

ご感想