青年対話、青年の渇望を示す

Chia sẻ
(VOVWORLD) - 経済発展、社会保障の確保や労働、雇用創出、人材開発など青年に直接関連する政策は青年の関心事となっています。先ごろ、行われた「青年の渇望」をテーマにした国内外の青年によるオンライン対話でこれらの問題が取り上げられました。

対話で青年らはホーチミン共産青年同盟中央委員会の第1書記に青年の進歩や渇望を実現するための措置、インベンション・スタートアップを中心に様々な質問を寄せました。

祖国の役に立ちたいという青年の渇望に関して、共産青年同盟中央委員会のレ・クォク・フオン第1書記は「現時点で若者らは新型コロナウイルス感染症の予防対策に尽力し、中でも若い医師は感染者の治療に、若い兵士は隔離施設に収容されている人々の世話に取り組み、若い知識人は予防対策用の製品の研究に情熱を注いでいることは若者の渇望を示す」と強調しました。

現在、各レベルの共産青年同盟委員会は若者の創造力を発揮するため、様々な活動を展開し、その中に、インベンションバンクポータルの開発や「それぞれの青年、それぞれの構想」と題する運動、若者の創造コンテスト、若者向けの情報工学コンテストなどがあります。

また、共産青年同盟中央委員会は国の発展戦略に沿って、様々な目標を設定しました。2045年をめどに、ベトナムの一人当たりの取得がかなり増加する見込みです。青年は国の発展に大きく貢献する傍ら、発展事業の成果を享受する人々です。青年の進歩を推進するため、共産青年同盟は3つの大規模な運動を行うとともに、青年の全面的な発展を目指す複数の活動を行う計画があります。国外在留ベトナム人の若い知識人の結束に関し、共産青年同盟中央委員会のレ・クォク・フオン第1書記は「各国に在住しているベトナム人留学生を結合するチャンネルがある。現在、外国で、青年同盟中央委員会に属する18の協会が活動している。また、ベトナム人学生が多い地域に、ベトナム学生協会が設立された」と明らかにしました。これらのチャンネルを通じて、青年、若い知識人は交流し、必要な情報を交換することができる一方、青年同盟中央委員会は国外在留ベトナムの青年に人材への需要や国の発展状況に関する情報を提供するとしています。

ご感想