2020年のASEAN議長国ベトナムに期待する各国

Chia sẻ
(VOVWORLD) -既にお伝えしましたように、去る4日夜、タイで、ベトナムは、ASEAN=東南アジア諸国連合議長国のポストをタイから受け継ぎました。
2020年のASEAN議長国ベトナムに期待する各国 - ảnh 1ASEAN2020年のテーマを公表するフック首相=VGP

2度目となるASEAN議長国を務めるベトナムは、重要な役割を果たすと共に、ASEAN共同体の発展事業に実質的な貢献をしてゆくと期待されています。

ASEAN議長国としてのベトナムの任務は、2025年までのASEAN共同体ビジョンの遂行、地域と世界情勢の変化への対応力向上、ASEANの役割と地域の確実な維持、世界におけるASEANの役割の発揮などを優先課題として行うということです。

国際社会は、ベトナムがASEAN議長国の役割を立派に果たすとの確信を表明しています。ドイツに本部を置く KAS= コンラート・アデナウアー財団ベトナム事務所の ピーター・ギールケ所長は次のように明らかにしています。

(テープ) 

「ベトナムは、自国での共同体の構築における優れた役割を見せました。ASEAN議長国としてのベトナムの経験はASEANの発展事業に役立つはずことです。ベトナムは、地域と世界における主体的かつ積極的な一員だからです。」

一方、インドネシアのマルティ・ナタレガワ元外務大臣は「ベトナムは、ASEAN共同体の将来の為に努力してきた国の一つである」と明らかにし、次のように語りました。

(テープ)

「2020年のASEAN議長国のベトナムを信頼しています。ベトナムは、このポストの就任課程に向けて周到に準備してきたことが分りました。ベトナムは、ASEAN議長国を務めることだけでなく、指導的立場の役割を果たしたいようです。というのは他の幾つかのASEAN加盟国と比較するならば、ベトナムへの信頼と期待値は高いからです。私たちは、ベトナムがASEAN議長国を立派に果たしてゆくと確信しています。」

ASEAN議長国は加盟国の責任であり、義務でもあると同時に、大きなチャンスとなります。ASEAN議長国は、ASEANが収めてきた成果を継承、発揮する傍ら、ASEAN内の連携の強化、世界におけるASEANの地位向上を図る責任があります。ベトナムは、自らの努力や、ASEAN加盟諸国と国際共同体からの信頼と協力を加えて、2020年のASEAN議長国を立派に果たすことでしょう。

ご感想