職業村における省エネ推進

Chia sẻ
(VOVWORLD) -代替エネルギーの使用と省エネは、多くの適切な利益をもたらすため、ベトナムの職業村で普及されつつあります。現在、全国には、冶金、漆、陶器、刺繍、籐細工、大工など約50の職種を誇る5400カ所の職業村が活動しています。これらの職業村は、各地方の経済社会発展に大きく貢献しています。

多くの職業村は、省エネを目指すために、最先端の技術と生産ラインを導入してきました。ベトナム職業村協会のチン・コック・ダット副会長は次のように明らかにしました。

(テープ)

「各職業村は、大量のエネルギーを消費する中古電気モータを近代的な設備に変えたことなどで、節電をしています。これらの職業村における省エネと代替エネルギーの使用は、コストダウンにも繋がるからですね。」

その一方で、各職業村は、石炭の代わりに、ガスを燃料として活用しています。このことは、環境汚染対策に貢献する一方、生産性の向上にも役立っています。ハノイ市のバッチャン陶器村は、省エネと代替エネルギーの使用の方法を導入した結果、『緑化』の村になっています。村人の一人の話です。

(テープ)

「バッチャン陶器村では、ガスコンロを初めて導入した所は我が家の陶器工房でした。ガスコンロの導入が経済的に高い効果をもたらしました。そこで、2000年~2007年までの7年間で、村の全ての工房を従来から使っていた石炭コンロの代わりにガスコンロに切りかえました。現在のバッチャン陶器村はかつての埃っぽい村から、緑溢れる職業村になっています。特に、ガスで焼いた陶器製品は、以前より品質が高くなり、美しく見えていますよ。」

職業村における省エネ推進 - ảnh 1    ビーフンの生産機械

他方、ハノイ市内のコメの麺類『ビーフン』の生産フード村は、現在、石炭コンロの代わりに電気コンロを使用しています。ビーフン生産職業クラブのグエン・バン・ホア主任は次のように語りました。

(テープ)

「私たちは、ビーフンの生産工程を機械化させたことで、生産性が上がる一方、ビーフンの品質も高まるようになりました。ビーフンは以前より白くて柔らかくなっています。それだけでなく、村の環境がきれいになっていきましたよ。」

多くの職業村は、エネルギを効果的に節約するために、太陽光や風力による発電設備を使用しています。ベトナム職業村協会諮問評議会のグエン・ビ・カイ副会長は次のように明らかにしました。

(テープ)

「現在、職業村は、石炭や薪、もみ殻などを燃料に使用していません。その代わりに、環境にやさしいクリーンエネルギーを活用しています。これらの燃料は、従来の燃料と比べ、燃焼温度と効率が2ないし2,5倍増加するからです。」

職業村における省エネと代替エネルギーの使用は、大量に製品を生産するだけでなく、製品の品質向上に貢献しています。このことは、職業村の持続可能な発展に寄与することす。

ご感想