ヌン族の民族衣装

Chia sẻ
(VOVWORLD) - ベトナム北部山岳地帯に居住している少数民族ヌン族の衣服は他の少数民族と違って目立つこともなく、藍色を基調としており、刺繍などもあまりありません。藍染めの綿織物であったものの、その美しさは地味さとシンプルさから生まれたものとみられています。
ヌン族の民族衣装 - ảnh 1 ヌン族の女性

ヌン族の衣服を作るのは女性たちの手仕事です。ヌン族の母親たちは当たり前のように藍の木を育て、染め、縫い、服に仕上げます。家族の衣は母の手から生まれ、技は娘へとごく自然に伝えられてゆきます。家族の布や衣服を見ると、その家族の女性のことが大体わかるとよく言われています。

ヌン族の衣服の美しさは藍色の布地によるものだと言われています。布地を作る過程において最も重要なのは藍染です。織りためた布を染めるのは夏の間の仕事です。初夏7月ごろに、根を残して刈り取った藍の草を女たちは樽にぎっしり押し込み、水と灰汁、それから、蒸留酒及び細かく砕かれた桃の種の芯も少し加えます。40度にも及ぶ日中の高温の中で藍は自然のままで醸出され、三日もすれば見事な藍ができるのです。藍と綿布は実に相性がいいのです。10回ほど染めれば、十分な濃さが出ますし、摩擦に弱くけば立ちやすい繊維もしゃっきりとして張りが出て強さも増します。カオバン省クアンイエン県に住むヌン族の一人ルオン・ティ・スアンさんは次のように話しました。

(テープ)

「布の藍染めをするとき、石灰水を使います。石灰水の色が黄色だったら、染めた後、布は藍色になりますが、石灰水が青になったら、布は白になってしまうので、布の藍染めをするとき、石灰水の色を注意しなければなりません。藍染めは、布を作るときの最も重要な工程ですから。藍染め布で作られた服は、夏はちょっと暑いですが、日差し対策にいいです。一方、冬は寒さ対策になるので最高です。2着着れば、寒さを感じませんよ。」

ヌン族の民族衣装 - ảnh 2 ヌン族の女性たち

布を染めるのはいろいろな工夫が必要ですが、衣服を作るのも簡単ではありません。ヌン族の衣服の模様は見るだけで、少なくて地味ですが、模様を刺繍するためには、巧みな技といろいろな工夫が求められます。ヌン族が好む模様は葉っぱと太陽の形です。

そして、ボタンをつけるのも時間がかなりかかります。女性が着ているシャツは普段、9つのボタンが付いています。ボタンは銀製で、蝶々の形をしています。これは幸福への期待が込められていて、女性服の特徴です。ヌン族の女性はズボンの他、スカートもよく履いています。スカートの腰部分には12色の布がついていて、これは1年の12ヶ月を象徴しています。

ヌン族の男性も女性もよく履いているズボンはウェスト部分も裾幅も大きいです。男性が着ているシャツは長袖も太めで、丸い型の襟元も大きいです。そして、7つボタン、及び、2または4ヶ所にポケットがつくのが一般的です。

現在、生活がどんどん変化していますが、ヌン族の人々の多くは依然として、祭りや行事だけでなく、日常生活においても民族衣装を着用しています。カオバン省クアンイエン県フックセン村の文化担当者ノン・ヴァン・タンさんは次のように話しました。

(テープ)

「ヌン族の衣服はすべての工程が手作りです。祭りなどでは、祈祷師をはじめ、村人は全員、必ず民族衣装を着ますが、日常生活においても着る人が多いです。これは、次の世代に、ヌン族ならではの文化を守る意識を教えるという効果があると思います。」

現地行政府も、ヌン族の民族衣装の保存を大いに支援しています。カオバン省クアンイエン県の文化担当者ノン・ティ・トゥイさんは次のように話しました。

(テープ)

「2年ごとに、クアンイエン県の各村・町が最もきれいなヌン族の民族衣装を競い合うコンクールを行っています。また、県の各学校の生徒に対し、毎週の月曜日と祭日には、自分たちの民族衣装を着用るよう求めています。」

ヌン族の民族衣装は単なる衣服ではなく、ヌン族ならではの文化の一部であることから、大切にされています。

ご感想