山間部にあるナハン生態観光区

Chia sẻ
(VOVWORLD) -この観光区は山紫水明の風景に恵まれているだけでなく、地元に住む各少数民族の伝統的文化も豊富です。
山間部にあるナハン生態観光区 - ảnh 1      (写真:truyenhinhdulich.vn)

北部山岳地帯トゥエンクアン(Tuyen Quang) 省の省都からおよそ110キロ離れた所にあるナハン生態観光区は現在多くの観光客を魅了しています。この観光区は山紫水明の風景に恵まれているだけでなく、地元に住む各少数民族の伝統的文化も豊富です。

地元に住む少数民族テイ族の言葉で、ナハンは「畑」を意味します。ナハン県には石灰岩で囲まれた稲田、原生林、山の中にある湖などロマンチックな自然風景があります。

特にナハン生態観光区の総面積は1万5千ヘクタールで、その中の8千ヘクタールは水面です。トゥエンクアン省トゥエンクアン市に住む市民グエン・ベトさんは次のように語りました。

(テープ)       

「週末、または、祝日によくナハンに行きます。また、幾度もハノイやハイフオン、ホーチミン市などに住む私の友達を連れて、何度もこの生態観光区を訪れました。彼らはここでの風景と独特な文化に深い印象を持つようになりました」

ナハン生態観光区について言うならば、ナハン湖を抜きに語ることはできないでしょう。この湖は2006年、北部山岳地帯トゥェンクァン(Tuyen Quang) 省ナハン(Na Hang) 県で、水力発電所が建設される時にできたたものです。ナハン湖には、形が異なるおよそ99の大小の島があり、「陸のハロン湾」とも呼ばれています。

近年、ナハン県はナハン湖を探検する多くのエコツアーを発売しており、多くの観光客を魅了しています。この観光ツアーに参加する観光客は美しい自然風景を堪能できるだけでなく、パクマ神社、パクバン神社、フアバイ洞窟、クオイニー滝などを見学できます。また、観光客はナハン自然保護地区を訪れることもできます。

山間部にあるナハン生態観光区 - ảnh 2      (写真:truyenhinhdulich.vn)

総面積2万1千ヘクタールのこの地区は多くの希少な価値の動植物が生息していますが、その中には、ベトナムのレッドブックに記載されているものもいます。ハノイからの観光客ドウ・トゥ・ハンさんは次のように語りました。

(テープ)

「ここでの風景は新鮮です。ナハン湖の水の透明度が高いので、海にいるような感じがします。また、雲に囲まれた山が美しい景色を作り出しています。一番好きなのは谷川を渡ることです。」

ナハン地区には12の少数民族が居住していることから、ここを訪れるとハナン湖を探検できるだけでなく、地元の少数民族の人々の日常生活を垣間見ることができます。また、祭りシーズンにこの地を訪れる観光客は地元の人々と一緒に伝統的祭りに参加することもできます。

昔はナハンへ行く道が整備されていなかったので、そこに行くのは大変でしたが、最近、ハナン生態観光区に行く道が建設されてきました。これはナハンを探検する観光客を増加させることに大きく寄与しています。

ご感想