第30回東南アジア競技大会 ベトナム選手の活躍

Chia sẻ
(VOVWORLD) - 大会へ向けて一生懸命練習したベトナムの選手たちは、スポーツマン精神を身につけてできる限り試合に臨んでいます。
第30回東南アジア競技大会 ベトナム選手の活躍 - ảnh 1シーゲームズに参加しているベトナム選手団 

東南アジア地域の第30回競技大会(Sea Games:シーゲームズ)が11月30日から12月11日にかけてフィリピンで開催されています。大会へ向けて一生懸命練習したベトナムの選手たちは、スポーツマン精神を身につけてできる限り試合に臨んでいます。

(テープ)シーゲームズのテーマソング

第30回シーゲームズのテーマソングをお聞きいただいています。シーゲームズ東南アジア競技大会は、東南アジアスポーツ連盟が主催する総合競技大会です。1959年に始まったシーゲームズは、東南アジア地域の友好、理解、平和と、オリンピック・ムーブメントの振興を目的としており、今回は30回目です。今大会では、東南アジア11か国から約1万人の選手が56種目を競い合います。種目の数ではシーゲームズの史上最多となっています。

その中で、600人からなるベトナム選手団が40種目以上に参加し、65個以上の金メダルを獲得し、大会で3位に立つことを目指しています。8日午後3時現在、ベトナム選手団は、金メダル57、銀メダル54、銅メダル65個を獲得し、3位に立っています。

ベトナム選手団の得意種目は、陸上競技、射撃、体操、フェンシング、ボートレース、水泳、チェス、重量挙げなどです。特に、この2年、ベトナムのサッカーは23歳以下のアジア選手権大会で2位に、アジア競技大会のサッカー部で4位に立った他、アジアカップで準々決勝に進出し、そして、東南アジア選手権大会で優勝したことから、今回のシーゲームズの男子サッカー部で金メダルをはじめて獲得することへの大きな期待が見込められています。実際、22歳以下のベトナム代表は、B組では4勝と1つの引き分けで勝ち点13を得て、B組1位を占めました。7日の準決勝でカンボジアと対戦し、4対0で勝ちました。10日の決勝戦でインドネシアと対戦します。

第30回東南アジア競技大会 ベトナム選手の活躍 - ảnh 2ゴールを祝っているサッカーの22歳以下のベトナム代表 

そして、水泳は、多くのメダルを獲得する可能性がある種目で、今大会で11個から14個の金メダルを目指しています。2年前の第29回シーゲームズで、グエン・ティ・アイン・ヴィエン選手が金メダルを8個獲得しました。その他、水泳の若手選手グエン・フイ・ホアンさんも、2018年のアジア競技大会で銀メダルと銅メダルをそれぞれ1個獲得したことから、今大会で大活躍するでしょう。実際、8日午後3時現在、ホアン選手は、2個の金メダルを獲得しています。

さらに、体操の部では、ベトナムは前回のシーゲームズで5個の金メダルを獲得し、1位に立ちました。今大会でも、選手たちはその成績を維持するために、全力を尽くしています。体操チームのチュオン・ミン・サン監督は次のように語りました。

(テープ)

「もちろん試合のときが、競争相手がいますが、最大の競争相手は自分自身です。相手がいくら強くても、自分と闘って限界に挑戦することが何よりです。私たちの選手は、この精神を持って試合に臨んでいますよ。」

第30回東南アジア競技大会 ベトナム選手の活躍 - ảnh 3陸上競技の部で金メダルを獲得した選手たち 

一方、陸上競技の部では、2018年のアジア競技大会と2019年のアジア陸上競技大会の400メートルハードルで金メダルを獲得したクアック・ティ・ラン選手は、今大会の400メートルハードル部で競争相手がいないほどと言われています。ラン選手は次のように話しました。

(テープ)

「私は今、好調で試合に臨む態勢を整えています。今年は、一生懸命練習して、いくつかの成績を収めています。今大会でどうしても優勝しなければならないけど、自分の最高記録を超えたいと思います。」

今大会を準備するため、ベトナムの選手たちは、国内外で練習したり、多くの大会に挑戦したりしました。体力、スキル、精神、経験などで心身練磨した選手たちは国民の期待に応えています。ベトナム選手団の団長を務める体育スポーツ総局のチャン・ドゥク・ファン副総局長は次のように話しました。

(テープ)

「私たちは、国民の期待と信頼に応えられるように、常に全力を出し切ることを認識しています。ベトナム選手団のそれぞれのメンバーは国を代表して、心の中に国旗があります。今大会で最も立派な成績を収めるように、互いに団結し合って全力で試合に臨んでいます。」

今大会の立派な成績は2021年の第31回シーゲームズを開催するベトナムにとって大きな励ましとなるでしょう。

ご感想