ベトナム、WEFの世界競争力報告で10ランク上昇

Chia sẻ
(VOVWORLD) - WEF=世界経済フォーラムは9日、2019年版の「世界競争力報告」を発表しました。ベトナムは前年の77位から10ランク上がり、141か国と地域の中で67位となりました。

地政学や貿易状況の不安定により、世界経済が減速している背景の中で、ベトナムは外国投資誘致を推進し、地域の商取引中心地になる可能性があると評されています。大項目別で、ベトナムは「市場規模」で26位に立ち、残りの項目で41位から93位になっています。また、テロ防止やインフレ抑制の指標で、ベトナムは満点100ポイントを獲得しました。

なお、WEFの世界競争力報告は1979年から毎年発表され、各国の公表データを元に算出される国際競争力指数(GCI:Global Competitiveness Index)に基づいたランキングとその分析がまとめられています。総合ランキングは、制度、インフラストラクチャー、マクロ経済環境、健康および初等教育、高等教育および職業訓練、市場の効率性、雇用市場の効率性、金融市場の成熟、テクノロジーの応用力、市場の規模、ビジネスの成熟度、イノベーション力、これら12分野における100以上の指標から算出されます。

ご感想